CLUB RULES
レザンバサドュール クラブ

クラブの規則

 

1. 名称、住所、経営者および構成

(a) クラブの正式名は「レザンバサドュール クラブ」(以下「当クラブ」)で、その所在地をロンドン市 W1J 7ED ハミルトンプレイス第5番地と第6番地(5 Hamilton Place London W1J 7ED)に置きます。

(b) 当クラブはレザンバサドール クラブ リミテッド(以下「経営者」)により所有・運営されています。

(c) 経営者は、それの一般的な役割および本規則に準じて敷地と当クラブの運用に合理的に必要と見なされる一切の施設を当クラブに提供するものとします。経営者は、当クラブの運用に必要とされる全ての経費、要員およびケータリングの雇用・解雇および給付、およびその他支出又は費用の発生を伴う全ての事項について全責任を負うものとします。経営者は、当クラブの日々の運営責任を負う当クラブ管理者(以下「管理者」)を任命するものとします。

(d) 本稿の規則は以下「本規約」とし、当クラブの運用を規制するものとします。本規約は、当クラブの会員資格についての条件を定めるものであり、全会員は本規約(適宜補正されるものも含む)により法的に拘束されることに同意するものとします。

 

2. 目的

 当クラブは、非政治的な社交レクリエーション活動を助長するべく設立され、滋養のあるお食事・軽食およびお飲み物の提供、ならびにあらゆる適用法令および当クラブのカジノゲーム規則(適宜補正されるものも含む)に則りカジノゲームおよび娯楽の提供を通じて高級クラブを提供・維持することを目的としております。

 

3. 一般委員会

 当クラブに携わる事項は、本規約に則り付与される権力およびその他経営者により適宜委譲される経営管理権を行使し得る一般委員会(以下「一般委員会」)の管理下にあるものとします。一般委員会は、それの取締役会長を選任するものとします。但し、経営者の会社取締役のいずれかが署名して決議がなされた場合、かかる議決は如何なるものも、正当に招集・開催された例会における一般委員会の決議として効力を生じるものとします。

 

4. 一般委員会員

 一般委員会は次のように構成されるものとします。

(a) 経営者の会社取締役および管理者は全て、各自の職位に就くとともに一般委員会の職権上の会員として従事するものとします。

(b) 当クラブの管理者は、当該職位に就く期間、一般委員会の職権上の会員として従事するものとします。

 

5. 一般委員会の例会

(a) 一般委員会は、常時必要に応じて、別途定められる日時に招集するものとします。一般委員会の如何なる会員は、いかなる時点においても敷地内に居合わせる委員会員への通知をもって一般委員会の例会の招集を要求できます。

(b) 如何なる一般委員会員2名により決議の定足数が構成されるものとします。

 

6. 会員資格

(a) 当クラブは、適切と見なされる場合、営利を目的とした理由で会員から構成されるものとし、また、臨時会員資格を適宜提供することがあります。

(b) 適した社会的地位を有する18歳以上の紳士淑女の皆様に、会員権を取得する資格を提供しております。

 

7. 会員資格のお申し込みおよびデューディリジェンス

(a) 各会員および会員候補者は、経営者の依頼に応じて身分証明写真、保持する国籍の証明および居住先住所・勤務先住所(私書箱や「~様方」宛ての住所ではなく実在住所であること)を証明するものなどを経営者に提供するものとします。

(b) 各会員および会員候補者は、2017年英国 不正資金洗浄、テロの資金調達・移転(支払人情報)に関する規制法(Money Laundering, Terrorist Financing and Fund Transfer (Information on the Payer) Regulations 2017)に定められる義務に準拠するために経営者が必要と見なす場合、経営者の依頼に応じて速やかに収入源および財源に関する情報その他経済的利害関係および関係者に関する情報、ならびに必要に応じてそれを証明するものも経営者に提供するものとします。経営者は、かかる情報且つ又は証明を依頼することができ、会員又は候補者はかかる情報且つ又は証明を会員資格の申請時に且つ又は適宜会員期間中に提供しなければなりません。

(c) 一般委員会によりそれの完全なる裁量権をもって会員資格の申請が拒否された者は、如何なる者も一切会員特典の利用を認められないものとします。

 

8. 会費

(a) 適切と見なされる場合、初回会費は会員選定の時点で支払われるものとし、以後毎年同日に支払い期日を設定するものとします。

(b) 会費は、年間ベースで事前に開示されることになり、ある程度、過去の便益および会員が実際に利用したサービスに基づいて決定されることになっております。

 

9. プレミアム プレイヤー プログラム

(a) プレミアム プレイヤー プログラムは、管理者又は代表者の招待を通してご利用頂けるサービスです。

(b) プレミアム プレイヤー プログラム加入者は、適宜、ボーナス配当を受けて勝つ確率を高める機会を得ることができます。かかるボーナスは、引当金勘定プレミアム プレイヤー引当金勘定に自動的に追加され、各自のお好みに合わせた便益を得ることができるようになっております。各結果は、記録されている全賭け金から、配当された勝ち金全額を引いた額に基づいて決定されます。

(c) 経営者からの如何なる便益の受理・使用により、ご利用者は自動的にプログラムに登録され、プログラムの規約および条件に同意するものと見なされるものとします。

(d) 完全な詳細については管理者までお問い合わせください。

 

10. 会員の住所および通知

(a) 居住先住所又は勤務先住所に何ら変更が生じた場合、各会員は直ちにその旨を書面にて経営者に報告するとともに新規住所の証明を提供するものとします。会員は各自、居住先および勤務先の実在住所(私書箱や「~様方」宛ての住所ではい正式な住所)を提示しなければなりません。但し、私書箱や「~様方」宛ての住所を連絡のやりとりのために使用することはできます。

(b) 本規約により要求される如何なる通知は、料金前納の郵便で送付、又は経営者に提供されている最新の実在住所に関連して登録されている会員宛てに電子メールで送信されます。通知を英国内の住所に郵送する場合、発送後平日2日以内に送達完了と見なされるものとします。英国以外の住所に郵送する場合、発送後平日7日以内に送達完了と見なされるものとします。

 

11. 会員の権利と法的責任

(a) 当クラブの会員は皆、本規約に従って、経営者により提供される当クラブの敷地および施設を(当クラブの他の会員と共有して)利用・享受する権利を有するものとしますが、会員資格を有するという理由のみに基づいて経営者に生じる日常の経費に対する一切の責任を負うことはないものとします。当クラブでは、所定の区域を特定の会員のために保留する場合もございます。

(b) 経営者は、取り乱した行動をとる方、又は酩酊状態にある又は何ら能力の低下が見られると経営者が判断した方の入場をお断りする、または退場をお願いする場合もあります。

(c) 会員およびそのご招待客の方々を対象に、次の規則が定められております。

(i) アルコール飲料又は違法薬を敷地内に持参することは禁じられています。入場時にアルコール飲料の持参又は違法薬の所持が発覚した場合には、敷地への入場をお断りさせて頂く場合もあります。

(ii) ふさわしい服装でご参加頂きますよう、よろしくお願いたします。

 

(d) 安全のため、会員およびそのご招待客の方々の手荷物、バッグ、スーツケースなどの検査を行わせて頂きますので、この旨何卒ご了承ください。

(e) 如何なる会員およびそのご招待客が、実際に敷地に居合わせない如何なる者の代理として当クラブのカジノゲームに参加することは禁じられております。また、実際に当クラブに居合わせない会員の参加又は参加の試みは一切認められないものとします。

(f) 会員およびそのご招待客の皆様に快適にお過ごし頂くため、携帯電話又はその他の携帯機器をゲーム中に、又は他の会員がゲームをしている場面において使用することは認められておりません。

(g) カメラ又は他のあらゆる記憶又は送信デバイスを、明示的な承認なく当クラブ内で使用することは認められておりません。

(h) 経営者は、性別、年齢、人種、身体障害、性的嗜好、性転換、婚姻区分・シビルパートナーシップ区分、妊娠・出産、宗教且つ又は信念を理由として要員又は会員およびそのご招待客の方々に対して差別的待遇を行ったり、他者による差別的待遇を故意に容認したりしないものとします。会員が、上記のものを根拠として要員・他の会員又はご招待客に対して差別的な待遇を行った場合、経営者が会員資格を一時停止又は解約する場合もございます。

(i) 経営者は、破壊的な行動を容認致しません。例えば、経営者の敷地・所有物を意図的に破損した場合、会員やその招待客又は如何なる要員に対して脅迫的、虐待的、不謹慎又は侮辱的な言動を用いた場合、会員が違法薬又は過度のアルコール飲料の影響を受けている場合などに「破壊的な行動」と見なされます。

 

12. ご招待客

(a) 会員は、当クラブに同伴者(18歳以上であること)を招いて共にお過ごし頂くことができます。ご招待客には、経営者の要求に応じて、身分証明書およびその他保持する全ての国籍、居住先住所および勤務先住所などの個人情報を経営者に提供することが要求されます。

(b) 同伴者を招く会員は、該招待客にも本規約を厳守させる責任を有するものとします。各会員はそれの招待客に対して責任があり、故に、当該会員は常時それの招待客とともに行動しなければなりません。会員の方が退場される場合、各自のご招待客も共に退場頂くことになっております。お招き頂ける招待客の最大人数は、如何なる場合も6名様に限られております。但し、一般委員会員の事前承認をもって、また当クラブの収容可能人数によって、変更可能な場合もございます。

(d) 会員資格が本規約第16条に基づいて解除又は一時停止された如何なる者、又は本規約第7条に基づいて当クラブ会員資格の申請が拒否又は取り消された如何なる者をいかなる時点においても招待客として招くことは、一般委員会員の事前承認なき限り、如何なる者に対しても認められていません。

(e) 一般委員会の如何なる一員は、いかなる時点においても、それの完全なる裁量権をもって、如何なる理由の説明なく、ご招待客の当クラブへの入場をお断りしたり、当クラブからの退場をお願いしたりすることもございます。

(f) 初めて当クラブにお越しの招待客が、当クラブへの入場時に写真付き身分証明書および保持する全国籍・居住且つ又は勤務先の住所を適切に証明するものを提供できない、又は提供を拒む場合、かかる招待客は、経営者の経営陣の裁量によって特定の場合に限り当クラブへの入場を認められる場合があります。但し、2度目のご入場の際は必ず適切な身分証明書を提供頂くことになります。ご招待客は、適切な身分証明を書面で行うことができない場合でも、経営者の適宜の要求に応じて口頭で身分証明およびその他の該当する詳細情報を提供することが要求され、さらに経営者は、身分証明の目的で該招待客の写真を撮影しファイルとして保管することになっております。適切な身分証明書類且つ又はその他の詳細を提供頂けないご招待客は、かかる書類且つ又は詳細を提供しない限り、又は提供できるまで、且つ経営者がそれの完全なる裁量権を以って当該招待客のゲーム参加を承認しない限り、購入・両替・お支払い又は賭けを行うことを禁じられております。

 

13. 守秘義務、プライバシー、データ収集およびデータ処理

a) 各会員には、当クラブの敷地内で行われる他の会員の用件の守秘義務を尊重することが要求され、如何なる状況においても当クラブの関係者以外の者にかかる事項を開示することは禁じられております。

b) 会員は皆、当クラブの『個人情報保護方針および公平処理通知』(当クラブおよびそれのウェブサイトの掲載を参照のこと)の規約に同意するものとします。

c) 会員が敷地内で、画像又は音声記録機能又は両者を記録する機能を備える記録装置の如何なるものを使用することは禁じられております。会員は、当クラブ内装若しくはそれの要員又はお客様の画像を当クラブ内部から外部にライブで送信できる如何なる装置を使用することも禁じられております

d) 経営者は、当クラブの『個人情報保護方針および公平処理通知』およびデータ保護に関する法規制に準じ、管理・顧客サービス、マーケティング且つ又は適切なセキュリティ且つ又は財政状態の確認を行う目的で、会員且つ又は各自の招待客に関する個人データを取得・使用することができます。

e) 会員は皆、経営者およびそれの関連会社が、会員の如何なる申し込み(会員資格、小切手換金施設且つ又はキャッシュカード限度額などの申請を含む)を評価する目的、且つ又は会員により提供された又はそれに関するいずれかまたは全ての情報の確認に関連して本人確認・信用チェック且つ又はその他身分確認含むが、必ずしもこれらに限定されないあらゆる且つ又は必要とされる調査且つ又は取り調べを行う目的で各自の身分証明・財務情報(口座残高情報を含むがこれに限定されない)を財務歴且つ又は職歴を如何なる情報源を利用して取得・確認すること、ならびにデータ保護に関する法規制に準じて経営者が必要と見なした場合にかかる情報を使用・処理することを承諾するものとします。必要な場合、各会員は、本規則第13条に則り各自個人データの経営者に対する開示を円滑にするために必要なあらゆる書類に署名することに同意し、署名を行うものとします。

f) 各会員は、経営者が、各自の個人データおよび各自のゲーム歴に関係する如何なる情報、如何なる小切手換金施設且つ又はキャッシュカード限度額、各自の当クラブアカウントに関する情報、およびその他各自の会員資格に起因する且つ又はそれに関連するあらゆる情報を使用する、且つ又は経営者の子会社、親会社、系列会社、関連会社且つ又は企業グループ内の他のあらゆる団体(以下、「当該諸会社」又は「当該各社」)、且つ又は下記目的(a)および(b)で世界の至る所に置かれる他のカジノ且つ又は信用調査機関に対して開示することに同意するものとします。

(a) 当該会員の財政状態を判定するその他如何なる会社且つ又カジノ;

(b) 当該お客様の小切手換金施設の状態又はキャッシュカード限度額を、他のカジノ且つ又は信用調査機関の情報で更新する目的。

g) 経営者が会員のデータを収集且つ又は処理する際は、経営者はかかるデータを全て厳秘扱いで保管・保存するものとし、以下の場合を除きかかるデータを開示しないものとします。

(a) 本規則第13条により認められる範囲において、

(b) 会員が開示に同意している場合、

(c) 2018年データ保護法の第3部第3章第45条に準じてかかる開示がデータ主体により依頼された場合、

(d) 如何なる法令又は規制による義務又はその他の法的義務(管轄裁判所の命令を含む)により開示が経営者に要求される場合、且つ又は

(e) 英国で特定の状況においてGDPR第12条~第22条に定められるデータ主体の権利を制限することを認める『2018年データ保護法(c. 12)別表2.GDPR摘用免除 第一部:GDPR第6条第3項および第23条第1項に基づく適応および制約』に従い且つそれに則る犯罪行為の防止・検知且つ又は違反者の逮捕・告発に関するデータ共有契約のもとに開示が合理的かつふさわしいと経営者が見なす場合。

h) 各会員および候補者は、本規則第13条に従って各自提供した且つ又は経営者が取得したかかる情報を、候補者の会員資格申込みが受け入れられたか否か且つ又は会員が当クラブの会員資格を継続するか否かにかかわらず、経営者が保管・使用し得ることに同意するものとします。

i) 通常の場合、かかるデータを法律又は規制法の要求に応じて記録・保存する義務は経営者に課されておりません。各会員および候補者は、本規則第13条に準じて経営者から第三者に公開される又は経営者が使用する情報についての責任を経営者に負わせないことに同意するものとします。

j) 会員資格を受け入れることにより、郵便・電子メール・電話、テキストメッセージ、あるいはその他のソーシャルメディアを通じての方法で会員が興味を持つと推察されるサービス又は販売促進内容を連絡する権限を経営者に与えたものと見なされます。各会員、申請書に、かかる連絡の送信を希望しない旨を具体的に示すことにより、かかる連絡の送信を断ることができます。

 

14. セキュリティ

 経営者は、当クラブおよびそれの会員とご招待客の安全と警備を保証する目的、および犯罪行為を検出・告発する目的で、音声録音機能付き防犯カメラ且つ又はその他のセキュリティーシステムの使用を、敷地の内外部に導入する場合があります。当クラブでは、卓上ゲームおよびゲームマシンでの不正行為、詐欺行為、盗難および1971年英国 薬物乱用法(Misuse of Drugs Act 1971)の下に規定される違法行為を制限なく告発いたします。

 

15. 付属定款

 一般委員会では、適宜、当クラブの内部事情および会員・そのご招待客の行為を規制する目的で付属定款を(本規約に矛盾しない範囲で)制定・変更・破棄する場合があります。付属定款は、当クラブの本規約に組み込まれるものします。

 

16. 会員資格の取り消しおよび一時停止

(a) 一般委員会は、それの完全なる裁量権をもって、いかなる時点においても通告することなく、且つ如何なる理由であれ、何ら説明を提供することなく如何なる当クラブ会員の会員資格を取り消すことができます。

(b) 本規則第16条の下に会員資格を取り消された会員は如何なる者も、直ちに当クラブから除外され、具体化していない如何なる特別待遇ボーナス又はその他のボーナスも含め会員特典をすべて失うものとし、且つ如何なる満期決済額を経営者に対して直ちに支払うものとします。

(c) 一般委員会は、それの完全なる裁量権をもって、いかなる時点においても通告することなく、且つ如何なる理由であれ、何ら説明を提供することなく如何なる当クラブ会員の会員資格を一時停止することができます。

(d) 本規則の下に会員資格を一時停止された会員は如何なる者も、直ちに当クラブから除外され、かかる一時停止期間中は会員特典をすべて失うものとし、且つ如何なる満期決済額を経営者に対して直ちに支払うものとします。

 

17. 社会的責任

(a) 経営者には、ギャンブリング規制委員会発行の『ライセンス条件および服務規程』(以下「LCCP」:License Conditions and Codes of Practice、適宜補正されるものも含む)に準拠することが法的に義務付けられています。各会員にも、これに遵守することが要求されています。『ライセンス条件および服務規程』は、ギャンブリング規制委員会のウェブサイト(http://www.gamblingcommission.gov.uk/)に掲載されておりますのでご参照ください。

(b) LCCPに則り、経営者は、ギャンブルに対する欲求を自らコントロールできない会員がいる場合、その会員に対して、自己排除できる期間を最低6か月間与えるものとします。自己排除措置制度の規約は、『経営者の社会的責任に関する方針』に定められております。該方針の写しをご希望の方は、ご依頼に応じて配布させて頂きます。なお、各会員とも、英国における全てのカジノから自己排除することをご希望の場合は、SENSE(Self-Enrolment National Self-Exclusion、英国自発的自己排除)のウェブサイト(www.playingsafe.org.uk/sense-information/)から、最低6か月間自己排除することが可能です。

(c) 経営者側としては、自己排除対象の者が自己排除期間中に当クラブのゲームに参加することを防ぐ最善を尽くしますが、それにもかかわらずかかる期間中にギャンブルを行う会員又は招待客いずれにより損失が生じた場合、かかる損失についての責任を経営者側では一切負いかねるものとします。

(d) 当クラブにてカジノへの入場を認める約因として、下記規約(1)~(4)が、(a) ギャンブル施設から自己排除している又はSENSEを介してギャンブル施設から自己排除しているにもかかわらず当カジノに入場する者又はそれへの入場を求める者、および(b) かかる個人に代わって当カジノに入場してギャンブルを行おうとする如何なる第三者に適用される且つそれに対して法的拘束力を有します。

1) SENSEを介して自己排除する(又は自己排除した)者は、SENSE政策に加入している期間、如何なるカジノにも入場しない又はそれへの入場を試みないこと(また、それに代わってギャンブルを行わせるために如何なる第三者に対して如何なるカジノの敷地に入場すること又はそれへの入場を試みることを求めたり、依頼したり、配慮を整えたり、さもなくば助長したりしないこと)に同意するものとします。また、かかる者が、SENSEから立ち去る権利を行使するため以外にかかる行為を行った場合、又はかかる行為を試みた場合は、契約の違反と見なされます。

2) SENSEを介して自己排除した者又はそれに代わって如何なる第三者がSENSE政策を介する自己排除期間中に当カジノに入場したとしても、またそれにより当該の者且つ又はかかる第三者の如何なる者がギャンブルを行ったとしても、如何を問わずそれに対して当カジノ又は当カジノを運営する会社(又はそれの要員)はいずれも責任を一切負いかねるものとします。

3) SENSEを介して自己排除する(又は自己排除した)者には、SENSE政策に加入している期間中に当カジノにおいて自らギャンブルを行った場合、又は如何なる第三者がそれに代わってギャンブルを行った場合、当カジノの経営陣がそれの単独の裁量権により異例と見なされた状況を除き、次のことが適用されるものとします。

(a) 当該の者又はそれに代わる如何なる第三者が賭けた貨幣又は貨幣価値額、およびそれから生じる如何なる勝ち金は没収される。

(b) 当該の者又はそれに代わりギャンブルを行った如何なる第三者に生じたギャンブルでの損失額の払い戻しはないものとする。

4) 上記について、「賭けた貨幣又は貨幣価値額」には、貨幣・貨幣価値額や当カジノでギャンブルのやり取りに支払われる又は受け入れられているギャンブル用チップ且つ又はトークンだけではなく、(a) ギャンブル行為が行われる前に貨幣且つ又は貨幣価値額を取り交して入手したギャンブル用チップ且つ又はトークン、且つ又は(b) ゲーム機又はゲーム端末に挿入済みの貨幣・貨幣価値額・ギャンブル用チップ且つ又はトークン(ギャンブル行為が実行されたか否かを問わない)も含まれます。

 

18. 会員の退会

 退会の際、如何なる会員は書面にて退会通知を提供しなければならず、かかる退会は、経営者が受理した時点で実施されるものとします。

 

19. クラブの敷地・所有物、および会員・ご招待客の所有物

(a) 会員又は招待客は如何なる者も、当クラブ担当役員の許可なく、経営者の如何なる所有物、経営者が所有する如何なる新聞、定期刊行物又はその他の物を当クラブ敷地から取り出してはならないものとします。

(b) 当クラブも、一般委員会員も、経営者も、敷地内で会員又は招待客の所有物に生じた滅失毀損に対して、それが経営者又はそれの従業員に信託されたものであるか否かを問わず、一切の責任を負いかねます。

 

20. 請求および資金

(a) 会員は、経営者による別途承認なき限り、当クラブ敷地を離れる前に各自に請求される額を支払わなければなりません。

(b) 経営者は、如何なる資金が全体的に又は部分的に違法に取得且つ又は転送されたという認識又は疑いがある場合は、取り調べが完全に終了するまでかかる資金を差し押さえる権利を留保します。

(c) 経営者は、契約上相殺請求をする権利を有します。経営者は、自らの裁量により、経営者に支払われるべき未払負債(のすべて又は一部)を、会員且つ又は各自の招待客の賭け金の支払い且つ又は勝ち金(プレミアム プレイヤー アカウントに入っている資金を含む)から差し引いて回収することができます。会員は、経営者がそれの完全なる裁量権をもって、当該会員が両替し得る一切のチップを、経営者に支払われるべき未払負債の削減に適用する権限を経営者に与えるものとします。

(d) 会員は、当該会員により発生した如何なる負債全額の回収を求め、かかる負債に対して当該負債発生日からの経過日数に対する年率18%の利子を得る権利を経営者が有することを認めるものとします。会員は、それにより発生した如何なる負債収集のために経営者に生じた経費(法定料金・経費を含む)を支払うことに同意します。

 

21. 郵便物

 当クラブ会員は如何なる者も、その目的を問わず、当クラブの住所を自己の住所として使用しないものとします。

 

22. クラブ名の使用

 当クラブ会員は如何なる者も、自己の便箋、名刺および事務所に又はその他方法の如何を問わず当クラブ又は会員資格を表記したりなど、形式の如何を問わず広告・宣伝を目的として当クラブの名称又は会員資格を使用してはならないものとします。

 

23. 動物

 動物(盲導犬以外)は当クラブに入場することはできません。

 

24. 営業時間

 当クラブは、毎日、経営者が適宜設定する時間帯に営業しており、かかる時間帯に会員の皆様を迎え入れる準備を整えてお待ちしております。

 

25. 酒類販売許諾時間帯

 当クラブにおけるアルコール飲料の販売又は提供は、法令による規定および地域の規則の定めに従うものとします。経営者は、アルコール飲料の提供を、如何なる者に対しても理由の説明なく中断する権利を留保致します。

 

26. ゲーミング

(a) 各会員およびその招待客がカジノでのゲームに費やす時間・頻度およびそれに投入する額の判断については各自の責任で行うものとします。経営者は、ゲームを行うことにより会員又はそれの招待客に生じる損失に対して一切の責任を負いかねます。経営者は、会員又はそれの招待客の如何なる負債回収を、如何なる法域において法的措置をとること含め、徹底的に展開する所存です。

(b) 当クラブにおいて、偶然の事象を争う「博」(英語でいう「Game of Chance」)は、かかるゲームについて経営者が書面で定める規則、ならびに英国2005年賭博法(Gambling Act 2005)およびそれに基づいて定められる規制法、その他それに適用されるあらゆる制定法でその当時有効なものに則る方法以外で行わないものとします。

(c) 当クラブの如何なるゲームを行う際又はゲームに対して影響を及ぼすことにより不正利益を得ることを意図して機器(電気的・機械的その他作動方式を問わない)やトリック又は欺まん的行為の使用は、敷地内外を問わず如何なる者に対しても禁じられております。本規則の違反が判明した場合、当該のゲームが無効となり、それに関連する如何なる勝ち金又は賭け金を没収するものとします。

(d) 経営者により発行されるゲーム用チップは、経営者がその所有権を保持し、経営者の要求に応じて返却又は(適切な方法で)両替しなければなりません。経営者により発行されるゲーム用チップは、一旦当クラブ外に持ち出された時点で、経営者の書面による承諾なき限り譲渡不能なものとなります。

(e) 会員(又はそれの招待客)間での資金融資は認められておりません。

(f) 経営者が、賭博行為に関連して融資を提供すること、また賭博行為に関連する融資提供に関与したり、それを手配・許容又は故意に支援したりすることは一切禁じられております。故に、

(i) 経営者は、クレジットカードによるゲーム用チップの支払いを受け付けておりません。

(ii) 経営者は、クレジットカードを利用して現金を引き出せる機能・設備を提供しておりません。但し、会員の方々は、当クラブ敷地内に設置されているATM機およびEVERI機などの現金自動預払機を自由にご利用頂けるようになっております。

(g) 会員が債務不履行状態にある間にゲームに係るトランザクションを行おうと試みても その如何を問わず、当該会員の支払能力が否認され無効と見なされます。

 

27. 会員の預入資金

(a) 会員が今後のギャンブル行為で使用するために預け入れる如何なる資金は、レザンバサドュール クラブの預金口座に保留され、当該会員が必要に応じて引き出せるようになっています。

(b) 最後の当クラブご訪問日から2年間一度もご訪問がない場合、その会員の預入金は非アクティブ状態とされます。この場合、当該資金は適用法令に従って会員に返金されることになります。会員の消息が不明の場合、又は会員が払戻しの受領を拒否した場合、経営者は、それの完全なる裁量権をもって当該の資金を処分することができます。

(c) 経営者が保留する預入金は、その当時有効な経営者の規則による規制の対象となります。ギャンブリング規制委員会の運営ライセンス条件の要求に則り、経営者が支払不能状態に陥った場合に対して、預入金として保留中の資金は保護されておりませんことを忠告させて頂きます。これには、振替によるか否かの如何を問わず顧客口座に保持される資金、預け入れたチップ又は現金、又はプレイヤー口座の勝ち金などの一切のものが含まれます

 

28. 苦情および疑義

(a) 苦情は全て当クラブの管理者又は取締役に書面にて配送するものとします。その後、苦情を頂いた管理者又は取締役が、その旨を一般委員会に通知するものとします。一般委員会が、各苦情をそれが適切と見なす方法で調査・対処するものとします。如何なる会員又は招待客が経営者の従業員を譴責することは認められておりません。

(b) 当クラブ内のゲーム行為又はその結果に関する如何なる苦情又は疑義については、経営者が書面で定める『ゲーミング疑義解決手順』(Gaming Disputes Resolution Procedure)に準じて処理されることになります。各会員には、未解決の苦情又は疑義を独立した第三者の裁定に委ねる機会が与えられます。

(c) 本規約、本規約又はその他会員の会員資格保持により生じる如何なる疑義、又はそれに関連して生じる如何なる疑義については、英国法に準拠するものとします。会員は、かかる疑義の如何なるものにおいて、イングランド・ウェールズの裁判所の管轄権に全面的に服するものとします。 各会員は、イングランドとウェールズ以外の管轄において経営者に対する訴訟を提起することは認められないことに同意するものとします。 また、前記管轄外で訴訟の提起がなられた場合には、それに対して経営者はイングランド・ウェールズの裁判所且つ又はその他管轄裁判所において当該会員に対する訴訟を提起することができます。 経営者は、法により認められる範囲において、任意数の管轄における同時並行手続を行うことができます。

 

29. 本規約の修正、廃止など

 本規約に含まれる各規則は、いかなる時点においても経営者による修正、廃止又は補足の対象となる場合があります。本規約は適宜補正されるものも含め、会員が参照できるように当クラブ内において常に掲示板に掲載、又は目立つ所に設置されている電子機器に表示されるものとし、それをもって全会員がそれに関する情報を十分に得ていると見なされるものとします。

2019年1月更新

BACK TO TOP

レ・ザンバサドール・クラブへ
ようこそ

弊社ウェブサイトをご利用されることにより、ご自身が18歳以上であることを認め、弊社のクッキとプライベートポシリー、また適正な処理の通知へ同意していただくことになります。弊社のポリシーに同意いただけない場合は、レ・ザンバサドール・カジノの
ウェブサイトをご利用することができません。

同意する